高校2年の安田貞雄は京都へ修学旅行に出かけた。担当バスガイドがアイドル顔負けの美人で、すっかり見惚れてしまう貞雄。ついにはバス酔いしてしまい、一人バスの中で休むことになった。すると彼女がやってきて、教えてもいない貞雄の名前を呼び、心配そうに介抱する。実は美人バスガイドの正体は、姉の親友として何度か遊びに来ていた西智美であった。そして智美は「こういう時の特効薬を教えてあげようか」と言って、貞雄の股間に手を伸ばしてきて......。