「俺のこと好きだろ?なら言うこと聞けるよな」放課後、男子トイレの個室に連れ込まれ、唇を塞がれながら先輩に囁かれ、僕は「...はい」と答える。「じゃあひとりでやってみせろよ」と命令され、じっと見つめられる。僕は先輩の言いなり、いつだって逆らえない。吐息と、卑猥な水音と青臭い匂いが個室に充満し、先輩の視線に犯され、クラクラしてしまう―...。先輩の声に命令されると、何も考えられなくなる。絶対的な存在で、先輩は僕を縛り付ける―...。