誰もが今をときめく富豪との結婚を羨んだ。ただ一人、当の花嫁を除いて。

イタリア富豪との政略結婚を受け入れるか、さもなければ勘当か。父親から選択を迫られ、キーリンは追いつめられていた。傾きかけた家業を救いたい気持ちは誰にも負けないが、だからといって、よく知りもしない相手と愛のない結婚はできない。そこでキーリンは一計を案じた。結婚相手のジャンニのほうから、破談を申し出てもらえばいいわ。こんな女はごめんだ、と。その日から、キーリンはジャンニと会う日には別人になった。派手な化粧と露出の多いドレス。態度もありえないほど下品に。だがジャンニは頑として、結婚の意思を翻そうとしなかった。そして迎えた結婚式当日、キーリンは予想外の事態に見舞われる。

■イタリア中の女性が“結婚したい男”ナンバーワンに選びそうなジャンニ。そんな彼との結婚をなんとしてでも避けたいというキーリンには、実はある秘密が......。いったいどんな事情があるのでしょうか?