―――君に溺れたいんだ。ずっと、このまま平安官能恋物語

紅葉狩りの山で出会った「花氷の君」と名高い陰陽師、安倍高雅に不思議な縁を感じた楓姫。高雅はそんな楓を冷たく拒絶しながらも、彼女の危機には必ず駆けつけ助けてくれる。「姫......そんな瞳で俺を見たら駄目だ......」苦しげに呟きながら与えられた、激しい抱擁と甘く情熱的な口づけ。彼が隠そうとする二人の過去の秘密を知りたいと願う楓に入内の話が持ち上がり......!?