突然、リオに現れたギリシア人富豪。その目的は彼女の破滅だった!

イネスは女として生まれたときから、24年間、父にうとんじられてきた。けれど、政治家になりたい父に尽くしすぎた結果、“体を使って男から金を引き出す女”と世間の評判はよくなかった。ある夜も、イネスはテオというギリシア人富豪をもてなしていた。危険な雰囲気を漂わせる彼は、イネスを挑発し侮辱したうえに、自分の“籠の鳥”になれと要求してきた。テオのお金がなければ、父は長年の夢も会社も失ってしまう。でも実は言われるほどの男性経験もないのに、愛人になんてなれるの?いいえ、恐ろしいのはそのことじゃない。初対面の私に対して、なぜかテオが怒りと憎悪に燃えていることだ。■新進気鋭の作家マヤ・ブレイクが贈る、熱く激しいラブストーリーです。復讐に燃える大富豪の非情な要求によって、とらわれの身となるヒロインの運命は? 既刊『秘書以上、愛人未満』『喪服の愛人』に続くギリシア人3兄弟のロマンス関連作、最終話です。