水原智也は全国大会出場を目指す中2の少年剣士。大窪聡子は剣道部の新米顧問。智也はある日、フジサトという聡子の担当クラスにいる難病の少年に出会う。フジサトは智也に「聡子同盟」なるものを作ろうと持ちかける。渋々だった智也だが、次第に聡子の熱心さに惹かれていく。同時に聡子も、智也の純粋さに心を打たれ......。 進行するフジサトの病気。教師と生徒それぞれの想い。目の前にせまる剣道の大会。さまざまなプレッシャーを抱え、多感な時期を過ごす少年の青春ストーリー。