「わたしが臨時の妻になってあげるわ」ラナはチャンスに申し出た。少女のころから彼に憧れていた。たとえ遺産相続のための一時的なものでも、彼の花嫁になれるのならかまわない。「きみのなんの得があるっていうんだ?」遺産の山分けが目当てだろうと言わんばかりのチャンスに、ラナは頬を染めて答えた。「赤ちゃんよ」