結婚式の夜、逃げた花嫁の妹は愛される奇跡を信じようとした。■「お願い、目をさまして!」アリは懸命に呼びかけた。ジェイクが町を出て一年半。再会は想像もしなかった形で実現した。彼は今、病院のベッドで昏睡したまま生死の境をさまよっている。ジェイク――アリが十四歳のときから愛し続けている人。しかし最初からずっと彼は姉の恋人だった。双子の姉ダーシーは、華やかで絶えず人目を引き、恥ずかしがり屋でひかえめなアリとは正反対のタイプだ。二人の仲に割りこもうという気持ちはなかった。花嫁に逃げられた理由もわからず苦しむジェイクを慰めるうちに、いつしか情熱的に抱き合っていたあの夜までは......。アリは眠り続ける愛しい人に寄りそい、震える声でささやいた。「目を開けて、ジェイク。わたしと......あなたの娘のために」