アメリカ大統領の一人娘、ケリーは退屈していた。ホワイトハウスの厳重な警備に守られた自室で、ひたすらオナニーに耽る日々。友達のように気軽に恋愛を楽しんだり、ワイルドなセックスに溺れるなんて夢のまた夢だ。びっしょり濡れたアソコをひとりで慰めていると、ドアの外でSPが交替する声が聞こえた。この時間は、マイケル・ウェストンのシフト......。ワイルドでセクシーな彼の姿を思い浮かべたとたん、ケリーは自分でも驚くほど激しくイッた。そうだわ、リアルにイカせてくれる最適な相手が、あのドアの外にいるじゃない!ケリーはウェストン警護官の誘惑を開始した。