この結婚は、私への復讐―― 愛されなくても耐えるほかないのだ。

ジェンマは幼い息子が入院する病院で、かつての恋人テイトに再会した。 1年前、パーティで出会った億万長者のテイト。男らしい魅力あふれる彼に ジェンマはたちまち虜になり、その夜のうちに情熱を分かちあった。 けれど、夢のような日々は長くは続かなかった。 わずか数週間後、ジェンマの恋心はずたずたに引き裂かれたのだ。 身に覚えのない浮気を責められ、ペントハウスを追い出されて。 その後妊娠に気づいたジェンマは、ひとりで赤ん坊を産み育ててきた。 このまま秘密は隠し通さなくては。テイトに息子の存在を知られたら、 親権を奪われるかもしれない。慌てて立ち去ろうとする彼女の動揺を、 テイトはしかし見逃さなかった。そして赤ん坊をひと目見るなり言った。 「この子の父親はぼくだ」それは、ぞっとするほど冷たい声で......!?