「君のために僕はあることを思いついたんだよ、シンデレラ」犬猿の仲であるリーガンの言葉に、ケナは耳を疑った。弟のデニーを誘惑して、財産目当ての美女から遠ざけてほしい。そのために君を魅惑的な女性に磨きあげてみせる、と彼は言う。確かに、ケナが上司のデニーに密かな恋心を抱いて2年になる。そろそろ“仕事一筋のさえない秘書”から脱却しなければ......。ケナは決死の覚悟でリーガンの申し出を受けた。弟とは正反対のリーガン――荒削りな魅力を放つ傲慢な彼に、心を奪われることになるとは夢にも思わずに。