25歳のいまもバージンで、内気なヴァイオレット。肌トラブルに悩まされた暗い学生時代は、ひたすらロマンス小説を読んで、妄想をふくらませていた。本当の恋も経験してみたいけれど、いまさらきっかけがつかめない。そんな彼女に訪れたチャンスは、上司が主催する大晦日のパーティ。白雪姫の仮装で挑んだヴァイオレットは、上司の息子を紹介される。レオ・ウルフ――年上で離婚経験が2回もあるという世慣れた大富豪だ。当然、もう恋愛にも結婚にも興味はないと明言しているが、ヴァイオレットは彼のまなざしが、熱く自分に向けられるのを感じた。どうして拒めるの? 彼ならきっと、情熱のすべてを教えてくれる......。■明るくセクシーな作風で大人気、ミランダ・リーの新作をお届けします。大人の男性から誘惑され、その手管に翻弄されるピュアなヒロイン。ところが“あくまでも恋のレッスンだ”と主張していたヒーローの心に、やがてある異変が起き始めます。