Loading... loading....
Cheaper price than regular books. Find here reasons to use CDJapan eBooks!

Yureru Dobutsu En Idomu Suizokukan Sonzai Igi Wo Toitsuzuketa 130 Nen

揺れる動物園 挑む水族館 ~存在意義を問い続けた130年~ - 清水量介/著 週刊ダイヤモンド編集部/編

Yureru Dobutsu En Idomu Suizokukan Sonzai Igi Wo Toitsuzuketa 130 Nen
eBooks Edition
If you want to read eBooks on PC, click here.
Viewer Type viewer_image Neowing eBook Reader
Price 108 yen
Points You Earn 1 points (1%)
Compatible Devices
Release Date 2013/10/18(JST)
Format epub

Description in Japanese

当たり前のようにそこにある『動物園』と『水族館』。
しかし、実は、動物園、水族館に関する
法的根拠はなく監督官庁もない。
戦後、娯楽目的で急増したが、
今、地方が疲弊し財政が逼迫する中で、
存在意義が問われはじめている。
娯楽か教育か、調査・研究か種の保存のためか―――。
揺らぐ立ち位置の中で、様々な問題が噴出している。
進まない繁殖、遅れている動物の福祉、取りざたされる廃園の危機...。
動物園法制定に動き出した改革派の園長たち。
上野動物園が開園してすでに131年目に入った今、
日本人にとって、動物園、水族館とは何かを問い直す。

【おもな項目】
・繁殖進まずゾウやキリンが数十年で日本の動物園から消える
・法的根拠も監督官庁もない日本の動物園と水族館
・動物園関係者を驚かせた辞書の言葉
・秋田県を巻き込んだクマ牧場事件
・飼育係の奮闘で再生した行動展示の元祖【旭山動物園】
・市民とボランティアが廃園から救った【到津の森公園】
・クラゲ世界一で一発逆転、ギネスにも登録される【加茂水族館】
・オリックスが運営する株式会社の水族館の“地味”戦略
・江戸家小猫による【2013年ゴールデンウィークに注目の動物園】

本書は『週刊ダイヤモンド』(2013年4月20日号)の第2特集を
電子化したものです。
雑誌のほかのコンテンツは含まれず、
特集だけを電子化したため、お求めやすい価格となっています。

Translate Description

*As it is a machine translation, the result may not provide an accurate description. Please use it only as a reference. *Not available within the China mainland region.