小さな体に淡い金髪の美しい“ケーキの妖精”ナタリーは、結婚式のプランニング会社〈ウエディングベルズ〉のケーキ職人。見かけは少女のようでも、ボストンで一番のケーキ作りの腕を持ち、お転婆な双子の娘たちを女手一つで育てているタフなママだ。だが、亡き夫の親友だったクーパーとの再会をきっかけに、ナタリーは思い出してしまう。恋の、ほろ苦く甘美な感覚を。今や優秀な小児外科医として名を馳せているハンサムなクーパー。彼は親友の遺した家族を気遣って、経済的な援助を申し出たが、母であり一家の大黒柱である彼女は、同情や哀れみを受けつけない。たとえ心は一人の女に返って、彼に惹かれていたとしても......。★〈ウエディング・プランナーズ〉、次回は経理のオードラのお話です。一話目「幸せのブーケ」で、結婚式の直前に新郎に逃げられてしまった彼女。もう恋愛はこりごりだったはずですが......。どうぞお楽しみに!★