亡くなった祖母から家を遺され、タラは憂鬱な気持ちになった。その家のあるウィスキー・リバーは、タラに忌まわしい過去を思い出させる土地だ。そこで行われるはずだった結婚式に婚約者が現れなかったのだ。罪悪感を覚えつつも売りに出そうと祖母の家を訪れたとき、管理を任されたという男性、ギャヴィンに出会う。落雷の衝撃で倒れたところを助けられ、タラは心ひそかに胸を高鳴らせた。だがあるとき、町で彼に関する噂を耳にして戸惑った――ギャヴィンは過去に殺人罪で服役していたというのだ!