★砂嵐のなか、彼女はオアシスに取り残された。傲慢なシークと二人きりで。★マリエラは、思いがけずズーランの皇太子に招かれた。動物専門画家としての才能を認められ、絵の依頼を受けたのだ。つつましく招待を受けたものの、彼女には別の目的があった。妹と生後四カ月の姪フラーを捨てた相手に責任を取らせなければ......。フラーの父親がズーランにいることはわかっている。マリエラは、冷酷で身勝手なその男に対する怒りをつのらせながら、彼のいる砂漠のオアシスにむかってひたすら車を走らせた。やっとの思いでたどり着くと、そこには大型テントが一つあるきりだ。「きみはもう今夜どこにも行けない。砂嵐がきている」中から現れた傲慢そうな男の言葉に、マリエラは思わず身震いした。■アラブの王国を舞台に、エキゾチックな男性との恋を描いた作品。出会った瞬間、ひと目で引かれ合ったシーク・ザビアとマリエラ。ところが二人はお互いを別の人物と勘違いしていて、敵だと思い込んでいますが......。スリリングな展開をお楽しみください。■