ケイトの祖母が亡くなった。遺言によれば、彼女の古い屋敷をケイトに相続させるという。ただし、特別な条件付きで。その文言を目にしたケイトは、驚きあきれると同時にある計画を思いついた。ディランならきっと助けてくれるわ。そしてあわよくば、彼と......。ケイトはさっそく彼の会社へ赴いた。ディランにとって、ケイトは幼なじみのかわいい妹。ノーと言えずに彼女の頼み事を引き受けて何度痛い目をみたことか。「一年間だけ私の夫になってほしいの」ディランは一瞬、固まった。