シェイラは、一家の敵であるダンテ家のパーティへ潜り込んだ。憎いダンテに一矢報いようと画策している彼女の祖母が、ダンテの男たちを調べるよう命じたのだった。ところが、シェイラに思いがけない出来事が起こる。彼女に声をかけてきた男性がふと腕に触れたとき、すさまじく熱い、体の中で火花が散るような感覚に襲われたのだ。ぱっと離れた二人は驚きの表情で見つめ合った。彼が先に口を開く。「きみも感じたのか? ぼくの“炎”を――」シェイラはわけがわからなかったが、焼けつくような疼きは消えない。ドラコと名乗った男性とともに、彼女はパーティを抜け出した。お互いのことを何も知らないまま、抗えない力に導かれるように。■人気ミニシリーズ〈ダンテ一族の伝説〉の最新作をお贈りします。今作のヒーローは竜の異名を持つドラコ。よりにもよって、彼の“炎”のお相手は、ダンテ家を敵対視している一家の令嬢でした。情熱の一夜を過ごした二人を待ち受ける、波瀾の運命とは......?